哲分が足りない!

哲分が足りない!

幸せになりたくない人などいない

花粉症一年生に送る対策話(前編

お題「花粉症一年生へ」

f:id:vumi:20210302195758j:plain

 

今年から花粉症になってしまった、

もしくは花粉症っぽいけど認めたくない貴方に贈る、

花粉症上級者からのアドバイスをまとめたいと思った今回のお題。

 

私は子供の頃から鼻詰まり気味で、口を塞がれただけで窒息するという有様だった。

やがてそれがハウスダストほぼ一年中の花粉症によるものと判明してから、

既に四半世紀以上を生きているので、花粉症上級者であると自負している。

 

とはいえ、医者に通う程のエリートでも無いので、

病院を使わない花粉症対策についてをまとめてみようと思い立った。

効果には個人差もあるだろうし、アレルギーは体質の問題なので、

効かなければ大人しく専門医に相談する事をオススメする。

 

 

1,家を出る前:花粉ブロックスプレー

2,家を出る前:BFE99%記載のあるマスク

3,出先:目薬は必携アイテム

4,帰宅時:衣服の花粉を落とす

5,自宅にて:加湿して、ドラムを回せ

 

 

 

1,家を出る前:花粉ブロックスプレー

 

家を出る前から戦いは始まっている。

というのも、花粉は日中帯にずっと飛び交っているので、

家を一歩出たその瞬間から、花粉を吸いこみまくってしまうからだ。

昨今の事情で皆マスクを常備しているが、やはり吸い込む事は防げない。

そこで、家を出る前に使いたいのがコレだ。

 

fumakilla.jp

 

元々はコロナ対策として「IHADA」と共に購入していたのだが、

コロナ対策としては効き目がイマイチ分からなかったので、

玄関にずっと放置されていたものだった。

ある時ふと、花粉対策にも使えると思い出して使ってみた所、

明らかに症状が軽くなったのだ。

 

自分はバイクで移動する事が多いのだが、そのまま運転していると、

乗り始めてすぐにノドがいがらっぽくなり、それが一晩中続くこともあった。

しかし、これをやってから出かけた時には、ノドのいがらっぽさも弱く、

それほど苦にならなかったという事がある。

 

もちろん、花粉の飛散量にもよるのだろうが、

個人的には効果アリとハッキリ感じる事が出来たので、

家を出る前と、職場から出る前などに使う事にしている。

 

 

 

2,家を出る前:BFE99%記載のあるマスク

 

花粉というのは、ごく小さいものである。

それを完全に防ぐのは難しいが、吸い込む量を減らす事ができれば、

体への影響を少なくすることもできるはずだ。

 

コロナ以降、マスクの質の問題も度々話題に上がっているので、

知っている方も多いかとは思うが、マスクにも性能基準が存在している。

ここでは分かりやすく、大雑把に分類を説明していく。

()内は、それぞれの大きさを表している。

 

・PFE:ウイルスを防ぐ性能(小)

・VEF:ウイルス飛沫を防ぐ性能(小~大)

・BFE:花粉を防ぐ性能(中)

 

こちらの記載には試験が存在し、それを通過した商品には、

大体パッケージに「BFE:99%」等の表記がされている。

表記の信頼性は正直よく分からないが、少なくとも参考にはなるので、

例えば下記のような商品を、私は選ばないようにしている。

 

www.amazon.co.jp

また、パッケージにでかでかと「99%遮断」とか記載があるのに、

どこにもBFEやPFEといった記載がない物は、

根拠の乏しい商品の可能性があるので、これも選ばないようにしている。

花粉対策、飛沫感染の予防という観点からも、

BFE,PFE99%カットのマスクを選択する事は、悪い事ではないはずだ。

 

 

さて、思わず長くなってしまったので、今回はここまでとしよう。

次回は後編として、残りを紹介していくつもりだ。

以前のベストバイみたいに長くならないよう、気を付けなければ・・・