哲分が足りない!

哲分が足りない!

幸せになりたくない人などいない

宝は、その宝を使える人にこそ相応しい

お題「RaspberryPi4 何に使ってる?」

f:id:vumi:20210203160248j:plain

誰か見てくれただろうか・・・

ラズパイ4は小型PC!

プライベートなら必要十分!

 

ラズパイこと、「Raspberry Pi 4 Model B」(以下ラズパイ)が発売したのは、

wikiによると2019年6月24日のことらしい。

確か、発売とほぼ同時期に買ったはずだから、この頃手に入れたハズである。

 

当時、既にこの前モデルである「ラズパイ3B+」を触り始めた頃で、

スティックPCの熱暴走、不安定さに飽き飽きしていた自分は、

「ラズパイ3B+」の最小かつ安定した動作にウキウキしていた。

 

色んな人の相談を受ける中で、デジタルサイネージというモノに興味を持ち、

市販では高いソレを安く仕上げる事はできないかと考えていた中で、

「ラズパイ3B+」と「大型モニタ」で屋内用デジタルサイネージモドキ

作れるんじゃないかと思い至ったのだ。

 

もちろん、ちゃんとした人が作れば売れる商品もできるだろう。

しかし、こちらはズブの素人。

管理者が須藤さんだとか、『apt get update』位しか知らないのだ。

ともかくも、動画をひたすらループ再生させるように作ってみた。

 

そのデジタルサイネージモドキはしばらくテスト運用していたのだが、

「電源が入らない事がある」という店主からの意見を受けて、

現在は運用を停止している(何故か自宅環境では正常に動くが・・・)

 

さて、前置きが長くなってしまったが、そんな事をしていた時期に、

「ラズパイ4」の発売となったのである。

まず、ペーパースペックで驚いた。

1.5GHzのクアッドコア、メモリは最大4GB、type-C電源対応等々・・・

 

3B+でもギリギリPCと言っていいスペックだったものが、

今度はwindowsでも動かすのかというスペックを引っ提げて登場したのだ。

フルのHDMIが消えてしまったのは残念だが、その分2ポートになっているので、

運用が悪くなったという感じもない。

 

amazonでおなじみのLABISTSのファン付ケースと一緒に購入した。

www.amazon.co.jpそしてまずはラズビアンで・・・とはならず、ubuntuを入れてみた。

というのも、ubuntuの方がデスクトップライクに使えるためだ。

 

ライトユーザーにとって、PCとはネット、メール、文書作成である。

この辺りが問題なく動けば、ライトユーザーにとってPCとなりうるのだ。

では、ラズパイ4の実力やいかに、という事になるのだが、

これがまったく問題ない。

 

メール、ウェブはサンダーバードFireFoxが使える。

ワリとシンプルな作りで汎用性もあるので、

動画を見たりメールをちょっと送る程度なら、

この二つで不足する事はないだろう。

 

また、ubuntuにはLibreOfficeが入っているため、簡単な文書作成には事欠かない。

レポートをメールで提出するなど、対Microsoftofficeとのやり取りが無ければ、

個人で使う分には何も問題はない。

 

youtube動画を一晩中流したり、メールや文書作成を一通り試したが、

動作が停止したり、極端に遅くなるなどの事象は起きなかった。

これはつまり、ライトユーザーであれば、何万円もするパソコンを買わずに、

ラズパイ4とモニターを買うだけでパソコンを買ったのとほぼ同義になる、

という結論に至ったのである。

 

しかし、これには欠点も多い。

まず「ライトユーザーはubuntuを使えない」問題である。

これは、現在の格安SIM契約や、ahamo等のオンライン限定プランについて、

多くの人が「やる前から諦めてしまう」現状と似ている。

 

初めて触るもの、新しい物に対しての拒否反応(無知感の拒絶)が強く、

Microsoftofficeとかなり近い形まで攻め寄っているLibreofficeでさえ、

一文字も書かずに「よく分からない」と投げ出してしまう現象だ。

 

自分も、面倒事が予算内のお金で済むなら、お金を払う方を選ぶ性質だ。

バイクのメンテはオイル交換からタイヤの空気まで、全部お店に任せている。

バッテリーを自分で交換しようとしてショートさせ、

ヒューズ代まで余計にかかってしまったのは実に悲しい思い出だ。

 

これよりも強い拒否反応が、パソコン、スマホのライトユーザーにはよく見られる。

そういった人にubuntuの画面を見せても、アイコンの位置がいつもと違うだけで、

「よく分からない」と思考を放棄されてしまう。

変化が当たり前の現代に、そういった人はもはやついてこれまいと思う。

 

一応、windowsも入れられるという話で一度やってみたのだが、

その時は結局うまくいかず、そのまま頓挫してしまった。

ただ、個人的にはわざわざラズパイ4にwindowsを入れるくらいなら、

shuttleのベアボーンでも買った方が間違いないと思ってしまう。

 

宝の持ち腐れ、とはよく言ったものである。

ライトユーザーには拒絶され、

知識のない自分ではデジタルサイネージモドキが関の山、

本当のプロが使えば、シン・テレワークシステム(あれは3B+だったか?)等の

社会的に価値のある装置になったりもする。

 

腐りきってしまう前に、また何か活用法を見つけてやりたいと、

引き出しの中のラズパイ4達をじっと見つめて思うのであった。

 

 

*お題元のraspberrypi4 さん、ありがとうございました。

raspberrypi4.hatenablog.com