哲分が足りない!

哲分が足りない!

幸せになりたくない人などいない

散財し過ぎた2020年のベストバイ5選(前編

 


お題「2020年のベストバイ」

f:id:vumi:20210123121244j:plain

2020年のベストバイ

2020年に買ったもの振り返り

詳細なレビューとかではないかも?

 

せっかくお題を作ってみたので、

自分でもお題に沿ったものを書いてみようと思う。

 

振り返ってみて気付いたが、去年は散財し過ぎた。

イイナと思う物が多く目についたこともあるが、

簡単にまとめただけでも、ちょっと眩暈がする金額を使っている。

今年は節制しようと、自分を顧みるのに、このお題は丁度いいと思った(自省)

 

では早速、最初の商品から。

ベストバイとか言いつつ、絞り切れなくて5個もあるので、

足早に紹介していこうと思う。

 

 

ASUS ExpertBook B9(モバイルノートPC)

https://jp.store.asus.com/store/asusjp/html/pbPage.B9450/

その中でも第一に挙げるとすれば、やはりコレだ。

発表され、そのスペックが分かった瞬間に飛びついてしまった。

 

まず何よりも、軽いという事。

14型の大きさで、公称値は870g。

他にもバッテリー強化モデルなどもあったが、それでも1,000gを切る軽さ。

持ち運んでいても、書類ファイルを持っている程度の負担にしかならない。

 

自分の購入したスペックはCore i5-10210U、8GB、512GB SSDだが、

モバイルノートとしては性能は十二分で、動作に不満は無い。

また、モニタ部分を片手で持ち上げるだけで開けられる、

という点が革新的過ぎた。

 

通常、ノートPCはモニタ部分を掴み、更に本体部を抑えていないと開けられない。

モニタを支えるヒンジの構造上、そこが強くないとモニタを保持できないからだ。

それをやってのけた構造の凄さ、そして14インチとしての軽量さ、

モバイルとして申し分ないスペック――

価格は発売開始当時でも139,800円。

これはもう、買うしかなかった。

 

残念だったのは、液晶にごく稀にチラつきが発生したり、

付属のLANポート変換ケーブルが速攻で故障して使えなくなった点だが、

前者は最悪メーカー修理だが、後者はUSBタイプで代用できるので、
それほど困った問題では無い。

 

バッテリーの時間表記が問題になっているが、

バッテリーの残量なんて使用状況でも変わるし、

(そもそもwindowsの時間表記なんてアテにならんし)

アダプターがtype-Cの急速充電であるため、充電されるのも早い。

地味に、スマホと電源アダプタが共通というのも有り難い。

 

ノートPC古来からの、電源アダプタの形状多様化問題は、

USB type-Cが解決してくれるものと願っている。

 

 

 

 

・・・しまった、書きすぎた!

かなり気に入っていた商品でもあるので、

思わず熱がこもり過ぎてしまった。

 

他の商品でも同じくらいの熱量があるので、

全部書いてしまうとちょっとした短編小説になってしまう。

という事で、今回はここまで。

 

また改めて、残りのベストバイ達を紹介していこうと思う。